小骨のイロイロ


心に引っかかったイロイロについての独断的感想文です。
by unza-rie
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

モンスター

前評判は聞いていたが、確かにシャーリーズ・セロンすごい。
よくぞここまでやりました。
メイクのせいもあるのだろうけど、それがちゃんと自分の顔に自然になってるし、
体の線とか、ただ太ったんじゃなくて、戦略的に太った感じ。
それを惜しげもなくさらしてるし。
しゃべる時の口のゆがみ具合とか、もうシャーリーズ・セロンという
美人女優が化けてるって感じがしない。
本当にそんな人がいるとしか思えない。

ストーリーをちょっと誤解していて、人は殺したけど、ちゃんと理由があって
仕方がなくて、でもそれが貧困層、娼婦という立場のせいで、
悪い方に取られてしまった悲劇的な話だと思っていた。
けど、ちゃんと見てたら、これは仕方がないなって所もあって、
周りが作ってしまったモンスターという、悲劇のヒロイン話じゃない
リアルな所がむしろいいなと思った。

そしてクリスティーナ・リッチ。この人は大好きだからちょっと
ひいき目に見てしまうけど、男の子っぽい役も似合うなあ。
その役作りした外見が、
知り合いにびっくりするほど似てるので可笑しかった。
二人とも弱い人間で、恋愛関係というよりは
依存関係に思えた。特にリッチの子供っぽさは、
まだ親から自立出来てなくてでもしたくて、
結局は恋人に依存してしまう若者そのもの。

セロンの役柄に共感も出来ないが、嫌悪も出来ない
というこの映画の平衡感覚みたいなものが、逆に
観る人の不安をかき立ててしまう気がした。
人間は簡単に勧善懲悪な存在にはなれないから。
[PR]
# by unza-rie | 2004-10-16 00:18 | モンスター

自転車泥棒

前々から気になっていた「自転車泥棒」をやっと見る事が出来た。
以前友達から勧められていたのだが、観る機会を失って忘れていた所、
もう一人の友人からもその話題が出たのだった。

そうだったそうだった。見てみなければ。で、見た。

今は、たかが自転車の時代である。
結構乗り捨てられてるのも多い。

結論から言うと、なんでたかが自転車の事でこれほとまでに
切なく、胸にせまる映画が作れるのだろう。自転車だよ?
だった。
まあ、貧困にあえぐ時代の事を描いてるのだから、当然と言えば
当然なんだろうけど、自転車をめぐる冒険は、かなりの緊張感で、
もうこれが無かったら、職を失って、もとの貧乏生活に甘んじなければならないと言う
切羽詰まった気持ちがこっちにもひしひしと
伝わってくるので、手に汗握って見てしまう。
タイトルからして、自転車が出てくるので、冒頭からきっと盗まれるんだろうな
と思って、いつ盗まれるかいつ盗まれるかと気が気じゃなかったし。
この、父と子の冒険は、真剣そのものなんだけど、結構滑稽で
なんだか不思議で面白い。
急にくよくよしてもしょうがないって、高級レストラン入っちゃったりね。
子供がかなりいい味を出している。

そして、このオチも。予想は出来るけど、それまでの経緯を知ってる
だけに、かなり辛い。あぁ世の中って不条理だ。
宗教の説法とかに使えそうだ。
[PR]
# by unza-rie | 2004-10-15 04:40 | 自転車泥棒

スィングガールズ

音楽もの、バンドものには無条件でヨワイ。
青春ものにはありがちな展開と結末で
取り立てて言うほどのものではないと思ったが、
それでも感動してしまうのだ。無条件降伏だ。
まあ、何も考えずに楽しく観れるし、
女子高校生がジャズをやるっていう事自体の面白さもあるし。
ここにも竹中さん出てるし。
方言がかわいいし。
なんか素直に見てしまいました。
[PR]
# by unza-rie | 2004-10-14 04:45 | スウィングガールズ

 BIG FISH

ティム・バートン。
ファンタジックで、ノスタルジック。
客観的に見れば、今までのティム・バートンファンが
ちょっとがっかりしそうな感じかなと。
こういう世界観が好きだと言う事は充分に分かるのだが、
ちょっとセンチメンタル。
個人的には感情移入しやすい似た様な状況があったばかりなので
涙があふれる場面も何度かあった。
この映画を見て、大切な人にもう二度と会えない事を実感してしまった。
親の思ってる事なんて子供にはほとんど分からない。
子供の思ってる事を親が分からないと同じくらいに。
それでも構わない。だって大好きなのだ。
[PR]
# by unza-rie | 2004-10-06 02:02 | BIG FISH

シャンドライの恋

この映画を見たあとの、友達との間の流行語大賞は、
「シャンドラってる」
そのくらいシャンドライの着ている服が全部素敵で、
その褐色の肌にとてもよく似合っていて、
とにかくシャンドライの着ている様な服が欲しくて欲しくて
その後何ヶ月もの間、私が服を買う時の条件は、
この「シャンドラってる」か「シャンドラってない」かで、
決定づけられていたのでした。

印象的だったのが、最初に着ていた深いグリーンのコート。
でも時にはさわやかに三角ずきんに開襟シャツで自転車に乗ってたりして
とにかく何着ても素敵なんです。

ベルトリッチ監督と言えば、あの「ラストエンペラー」を撮った巨匠ですが、
この「シャンドライの恋」は、本人が最近のインデペンデントな
若い監督達にインスパイアされて撮ったと言っているように
それまでの大作とは違った美しい小品でした。

舞台となるのはほとんどピアニストの住んでいる家の中で、
その美しさと妖しさを象徴する螺旋階段のフォルムが、
そしてピアノの奏でる美しいメロディが全体の雰囲気を
醸し出していました。

そして、アフリカの大地を思わせる様な深く、はっきりとした色合いの
女性の美しさとエネルギーをもつシャンドライと、
ヨーロッパの没落貴族を思わせる、気品はあるが
どこかはかなげで世捨て人のような、ピアニストとの
対比が面白く、
それを象徴する場面として印象的だったのが、
階上でピアノの美しいメロディを奏でている
その階下では、シャンドライが自室で
アフリカンミュージックを流して踊ってるという場面。

それでも何か、二人は惹かれあっていたと思うのです。
違うからこそ惹きつけられる様な。
性格も状況も違う二人の反応は
それぞれ全然違っていたけれど。

だからラストのシャンドライの決意には、賛否両論あると思うけど、
結局女は強し。自然の中に生きる力の強さを見せつけられた
気がして、私としてはすがすがしかったのでした。
[PR]
# by unza-rie | 2004-09-06 07:56 | シャンドライの恋

モンスーン・ウェディング

インド人女性監督による一応ハリウッド映画。
でも現地での撮影、スタッフもほぼインド人らしい。

結婚式を行うまでの、様々な出来事を綴ったヒューマンドラマ。
家族との関わりや,インドの結婚式の風習がとても興味深いので惹きつけられます。
これを見たら、結婚したくなる。と思います。しかもサリー着て。

元々影響されやすい私は、これを見たあと、
インド雑貨屋に飛び込み、
本当はきれいなサリーが欲しかったんだけど、
高いので、
ピンクの布張りのフラットシューズを購入しました。

登場する女性達は、みんなきれいで、民族的美しさにため息。
それにファッションが素敵。
さすが女性監督ならでは?の色彩のセンスとか、
結婚式の飾り付けの美しさに感動。
マリーゴールドの使い方が本当に素敵なんだよなあ。

結婚する主人公の恋愛模様に併行して、
もう一つの純愛物語が進行していて、
最初はがめつい嫌な奴と思った人物(顔は斉藤洋介似)が
最後には微笑ましくて仕方なく見えてくるという
マジックも用意されてます。

とにかく色んな要素が詰まっていて、飽きさせないのに、
人物を一人一人丁寧に描いていて、
心に訴えかけてくる、とても良い作品に出会えたなあ。

特に女の人にはおすすめ。
ファッションに影響された映画と言えば,他に
「シャンドライの恋」。
[PR]
# by unza-rie | 2004-09-04 05:56 | モンスーン・ウェディング

なんとなく初めまして

とりあえず映画について書いて行こうと思います。
今日は眠いので寝ます。
おやすみー
[PR]
# by unza-rie | 2004-08-31 22:38 | イロイロ


カテゴリ
以前の記事
ライフログ
最新のトラックバック
真木ようこ “ベロニカは..
from 真木ようこ “ベロニカは死ぬ..
日本の形 The Jap..
from 日本の形
ご近所ナビ ミリオン
from ご近所ナビ ミリオン
やっと見ました(見れまし..
from いつもツイてる!
東京暮色
from DVDジャンル別リアルタイム..
ニコラス・ケイジ、映画で..
from 世界のスター・芸能ニュースブログ
モンドグロッソ Mond..
from Donkey Punch B..
映画「デス・プルーフ ..
from 富久亭日乗
藤沢周平作品
from Photologue +
【2007-116】天然..
from ダディャーナザン!ナズェミデ..
フォロー中のブログ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧