小骨のイロイロ


心に引っかかったイロイロについての独断的感想文です。
by unza-rie
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

春秋山伏記

藤沢周平著

最近読み始めた藤沢作品ですが、
今までわりと硬派な?侍の話を読む事が多くて、
武士の潔さ、かっこよさ、強さが全面に出ていたので、
池波は庶民派、藤沢は侍物という括りをなんとなく持っていたのですが。
そしてどちらかと言うと、藤沢は男性が好みそうだな。
出てくる女性もきれいな人が多いし。私はやっぱり池波だなー。
(なにせ、池波作品にはほとんど美人が出てこない)と
なんとなく思っていたわけですが。

この作品で、ついに大好きになってしまった。
物語はある村にやって来た山伏を中心に
村に起こる様々な出来事を短編形式で書いているのですが、
何が良いかと言うと、言葉が全部東北(庄内)弁なのです。
そう言えば、映画で見たたそがれ清兵衛も方言だった。
その響きがすごく良いのです。
そして、村に住む人々の普段の生活をとても温かく
見つめているその視点というか、空気が心地よくて、
いつまでも浸っていたい気持ちになって、
もう読み終わってしまうのかーと本当にさびしくなりました。
[PR]
# by unza-rie | 2007-08-05 15:32 | 書籍

腑抜けども悲しみの愛を見せろ

本谷有紀子著

映画が良かったので、原作も買ってみました。
映画を観て原作も読んだのは
「ジョゼと虎と魚たち」以来。

小説の方でわりと細かく描かれている宍道の嫁については
映画でそこまで掘り下げてしまうと、主人公がかすんでしまうくらいの
不幸さでインパクトがある。
細かい登場人物やエピソードも変えたり省いたり、エンディング変えてるけど
映画は映画でかなり完全に独自の世界を作っていて、
どっちも面白かった。
宍道のキャラはかなり印象が違うけど、それはそれで良いし、
映画に出てこなかった猫おばさんは、もしやるとしたら松金よね子か
林家パー子が良いなと思ったり。
ただ、最後まで清深の行動と考えは抑えられていて、それが
最後にどかーんと来る。
そして、映画監督との文通についても、どこからが…って所は
曖昧になっていて、読者によって感じ方が変わるのかな。その辺、上手いなと思った。
[PR]
# by unza-rie | 2007-08-05 15:12 | 書籍

備忘録

消えた女  藤沢周平
ラストが良かった。ほろり。電車の中で。
[PR]
# by unza-rie | 2007-07-27 01:04 | 書籍

備忘録

姑獲鳥の夏 上・下    京極夏彦
クワイエットルームにようこそ   松尾スズキ
[PR]
# by unza-rie | 2007-07-20 13:23 | 書籍

やさしくキスをして

ケンローチ作品
恋愛映画においてもやっぱりこの人の作品は。と思う。
痛すぎる、辛すぎる。究極の選択を迫られる。
正直、今の自分だったらきっとあきらめてしまう。
恋愛が全てを捨てても全うするほどのパワーだと
もう信じられなくなってしまった。
[PR]
# by unza-rie | 2007-07-16 00:45 | やさしくキスをして

腑抜けども悲しみの愛を見せろ

良かった。
業のふっかい話なのに、じめじめ感出さず、コメディ感も出さず
爆笑出来る素晴らしいバランス。
キャストが全員ハマってた。
ナイスバディーにへちゃむくれのサトエリはまり役だ〜
くらーい永瀬も妹もすっごく良かったけど、
兄嫁役の永作さんが特に良かった。
結局人は変われないものなのか?
でも変われない事を受け入れた時の潔さ、
カッコいいなと思った。
[PR]
# by unza-rie | 2007-07-09 00:08 | 腑抜けども悲しみの愛を見せろ

備忘録

杉浦日向子 「江戸へようこそ」
市川琨 悪魔の手鞠唄
[PR]
# by unza-rie | 2007-06-21 19:02 | イロイロ

東京暮色

こないだ久しぶりに小津の「東京暮色」見ました。
浦辺粂子出てました。わーい。

3回目。小津の作品にしては、結構波瀾万丈なので、普通の人でも
入りやすいと思ってたんだけど、やっぱり眠くなるみたいで、残念。
っていう私もちょっと居眠っちゃいました。

一番の見所はというと、
次女のあきちゃんがね。
子供が出来ちゃって、親にも言えず悩んで彼を訪ねるんだけど、彼は逃げ回ってて
なかなかつかまらない。でも偶然ばったり出会ってしまう。
そしたらなよなよした彼が、逃げ回ってたくせに引っ越し先まで探してたくせに
いけしゃあしゃあと、
「誰にも言えない事だしさ、夜も寝られなくって。ホントよ。やせたでしょ?」って
自分のほっぺさわりながら言う場面(がすごくおかまっぽい)
とその自分勝手な台詞に切れたあきちゃんがほっぺはり倒すシーンがもう
私の爆笑ポイントで、何回も巻き戻して見ちゃいます。

結局は、女運のないお父さん(笠置衆)と、男運のない姉妹(姉は原節子)の
家族の話なんだけど。本人達にしてみればかなり深刻で不幸な話。
だけど、周りは無関係だから話の種にして、面白がってたり、
単に軽い女と思って偏見の目で見てたり、
無関係でない人も無責任と言うか、人ごとみたいでその感じ方の
温度差がすごく皮肉な感じに出ていて面白いというか切ないというか。
結局人は自分の事しか考えてないんだなあ。
そんな中で、本当に父親とお姉さんだけが、心配したり、愛情を注いでいるんだけど、
その愛情も本当に本人の事をわかってるのではなくて、そのもどかしい感じがまた。
何が起こってもそのままのスタンスで全てを受け入れる
笠置衆さんの寂しげなお父さん像はほんときゅんとしてしまいます。
暗い話だけど、好きな作品です。
[PR]
# by unza-rie | 2007-04-16 02:16 | 東京暮色

2006年見た映画

実はあんまり覚えていないし、記録もつけたりつけなかったり。
覚えているものだけ列挙して行こうと思います。
年々数が減ってくのが悲しいね。2007年はいっぱい見ようっと。

1.コントロール(わあ!完全に忘れてます。なんだっけ?)
2.キャプテンウルフ(アクションスターのキュートな一面。意外に楽しめた)
3.シンデレラ・マン(実話だっけ?ボクシングものは結構ハズレなしかな)
4.オールド・ボーイ(衝撃!すごく辛い話だけど、これは!見てない人はすぐ見て!)
5.グッバイ・レーニン(なかなか良かった。と思う。覚えてないからもう一回見たい)
6.えびボクサー(最高っす。)
7.イントゥーザブルー(ジェシカ・アルバタンのだから見たんだけど、思い出せない)
8.レジェンド・オブ・ゾロ(ゾロには家庭の苦労は感じたくないなあ。今イチ)
9.バンリュー(完全に忘れた)
10.ノイズ
11.八月の濡れた砂
12.マンダレイ(ラースの皮肉炸裂。)
13.フライト・プラン
14.ザ・フライ
15.スカイハイ
16.ファイヤーウォール
17.ヒストリーオブバイオレンス
18.マンオンザムーン
19.父、帰る
20.code46
21.エターナルサンシャイン(2)
22.サーバイブスタイルプラス?
23.ミリオンズ(ダニーボイル)
24.ディアフランキー
25.スタンド・アップ
26.ステップフォードワイフ
27.インサイドマン
28.ディセント(洞窟に行く話)
29.蛇いちご
30.クローサー
31.MI3
32.リブ・フリーキー!ダイ・フリーキー!
33.あなたのために
34.ビューティフルマインド
35.デスノート(前編)
36.ナチョリブレ
37.ショコラ(2)
38.コープスブライド
39.アメリ(2)
40.レディインザウォーター
41.プラダを着た悪魔
42.ブロークン・フラワーズ
43.ブロークバック・マウンテン
44.イカとクジラ
[PR]
# by unza-rie | 2007-01-01 02:30 | イロイロ

変更

映画の感想書くブログにしてたんですが、最近映画めっきり見れなくなったので、
映画に限らず、気になったもの、書いてみる事にしました。
日記とはちょっと区別つけたいけど、日記の方が何でもだらだら書けて楽なんだあ〜
って感じで放置してたけど、ぼちぼち書いて行こうとおもいます〜
[PR]
# by unza-rie | 2006-11-14 13:09 | イロイロ


カテゴリ
以前の記事
ライフログ
最新のトラックバック
真木ようこ “ベロニカは..
from 真木ようこ “ベロニカは死ぬ..
日本の形 The Jap..
from 日本の形
ご近所ナビ ミリオン
from ご近所ナビ ミリオン
やっと見ました(見れまし..
from いつもツイてる!
東京暮色
from DVDジャンル別リアルタイム..
ニコラス・ケイジ、映画で..
from 世界のスター・芸能ニュースブログ
モンドグロッソ Mond..
from Donkey Punch B..
映画「デス・プルーフ ..
from 富久亭日乗
藤沢周平作品
from Photologue +
【2007-116】天然..
from ダディャーナザン!ナズェミデ..
フォロー中のブログ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧