小骨のイロイロ


心に引っかかったイロイロについての独断的感想文です。
by unza-rie
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2004年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ホット・チック

キュートでセクシーな女子高校生と中年おやじの体が入れ替わってしまう
ドタバタおバカコメディー。

気になっていたロブ・シュナイダー主演。
製作,総指揮アダム・サンドラー。

アダム・サンドラーはP・T・アンダーソンのパンチドランク・ラブで好きになった
のだけど、ロブ・シュナイダーの映画はすべてアダムが作っているとか?
ロブ・シュナイダーはかなり下品系のコメディアンらしい。
それで初めて見てみました。

面白い!
ロブもかなりかわいいです。女子高生になってからの
ピチピチTシャツや、おかまにしか見えない女子高生キャラ。
筋肉系でなかなかいい体だし。
そして実は愛と友情のさわやかな青春映画なのでした。

アダムも変なドレッドでマリファナの隠し場所にこだわる変な人の役で出演。

今までアメリカのコメディー映画は笑いのツボが全然違って
ダメだったのだけど、アダム&ロブの映画はチェックしようと思います。

おバカ映画にハマってしまいそうです。

ロブ情報をチェックしてたら見つけた素敵なサイト:
ABC振興会(アメリカン・バカコメディー振興会)
ロブ関連記事
[PR]
by unza-rie | 2004-10-26 10:47 | ホット・チック

陽の当たる教室

こういう系は役者が大体決まっている感じがする。
最初はケビン・クラインかな?と、思い
じゃあ見なくていいや。
それともロビン・ウィリアムスかな?
じゃあ見なくていいや。見過ぎて飽きたから。

思ったら、リチャード・ドレイファスだった。だから見た。
結構個人的に好きな役者さんだったから。

感想は‥まあまあ。
教師生活30年の涙と笑いのエピソード。
[PR]
by unza-rie | 2004-10-26 10:15 | 陽の当たる教室

悪魔とプリン嬢

「アルケミスト」で名高いこの作家は、独特の宗教観を持っていて、
世界中で多くの人に愛されている作家。

私も最初に読んだのは、「アルケミスト」で、友人の熱心な紹介からだった。
最初はあまりピンと来なかったのが正直な感想。
ひねくれ者の私には、少し正統派過ぎたのかも。
それでも人とのかかわり方についてとても考えさせられる作品であった事は
確かで、それがこの作家の評価の高い理由であるとも思える。

しかし、この「悪魔とプリン嬢」。かなり面白かった。
人間の中の善と悪の戦いは、最近私の中でもかなり興味のあるテーマだったし。
ある、悪霊に魅入られた男が人間の本質は悪である事を証明するために
忘れられた村にやって来る。そこに突きつけられた課題に対して
村の反応は?この計画に加担させられてしまったプリン嬢は?

その実験的な手法は、大好きなラースの最新作「ドッグヴィル」に
通ずる所があって、どっちに転ぶかわからない展開にドキドキ。
結末を読んでからも最初に戻って、今度はじっくりと展開を読み解いていきたくなる。

同作家の「ベロニカは死ぬことにした」もなかなか好み。
この2つの作品と「ピエドラ川のほとりで私は泣いた」の三作品は
人は一週間という短い時間のうちに生まれ変われるという事をテーマに
書かれている。
[PR]
by unza-rie | 2004-10-24 20:36 | 書籍

ヴィレッジ

これも前評判を聞いていたのです。だから‥期待はほとんど
してませんでした。
この監督さんは、なんだかどんどんつまらなくなっていくみたい。
その株の急下降ぶりはちょっと心配になるほどです。
この作品も、まあオチはほとんど予想がついていたから
というのはあったけど、大仰な前振りが、ゴシックホラーの様な
感じでボォォーンとしていてちょっと眠くなって、途中で寝てしまいました。
でも一応オチまで見たかったので、ちゃんと最後まで見ました。
まあまあでした。わかってたけど‥まあまあでした。
でも、戦場のピアニストのエイドリアン・ブロディが出ていた事が
私的には収穫でした。やっぱりこの人母性本能を刺激します。
[PR]
by unza-rie | 2004-10-17 00:48 | ヴィレッジ

モンスター

前評判は聞いていたが、確かにシャーリーズ・セロンすごい。
よくぞここまでやりました。
メイクのせいもあるのだろうけど、それがちゃんと自分の顔に自然になってるし、
体の線とか、ただ太ったんじゃなくて、戦略的に太った感じ。
それを惜しげもなくさらしてるし。
しゃべる時の口のゆがみ具合とか、もうシャーリーズ・セロンという
美人女優が化けてるって感じがしない。
本当にそんな人がいるとしか思えない。

ストーリーをちょっと誤解していて、人は殺したけど、ちゃんと理由があって
仕方がなくて、でもそれが貧困層、娼婦という立場のせいで、
悪い方に取られてしまった悲劇的な話だと思っていた。
けど、ちゃんと見てたら、これは仕方がないなって所もあって、
周りが作ってしまったモンスターという、悲劇のヒロイン話じゃない
リアルな所がむしろいいなと思った。

そしてクリスティーナ・リッチ。この人は大好きだからちょっと
ひいき目に見てしまうけど、男の子っぽい役も似合うなあ。
その役作りした外見が、
知り合いにびっくりするほど似てるので可笑しかった。
二人とも弱い人間で、恋愛関係というよりは
依存関係に思えた。特にリッチの子供っぽさは、
まだ親から自立出来てなくてでもしたくて、
結局は恋人に依存してしまう若者そのもの。

セロンの役柄に共感も出来ないが、嫌悪も出来ない
というこの映画の平衡感覚みたいなものが、逆に
観る人の不安をかき立ててしまう気がした。
人間は簡単に勧善懲悪な存在にはなれないから。
[PR]
by unza-rie | 2004-10-16 00:18 | モンスター

自転車泥棒

前々から気になっていた「自転車泥棒」をやっと見る事が出来た。
以前友達から勧められていたのだが、観る機会を失って忘れていた所、
もう一人の友人からもその話題が出たのだった。

そうだったそうだった。見てみなければ。で、見た。

今は、たかが自転車の時代である。
結構乗り捨てられてるのも多い。

結論から言うと、なんでたかが自転車の事でこれほとまでに
切なく、胸にせまる映画が作れるのだろう。自転車だよ?
だった。
まあ、貧困にあえぐ時代の事を描いてるのだから、当然と言えば
当然なんだろうけど、自転車をめぐる冒険は、かなりの緊張感で、
もうこれが無かったら、職を失って、もとの貧乏生活に甘んじなければならないと言う
切羽詰まった気持ちがこっちにもひしひしと
伝わってくるので、手に汗握って見てしまう。
タイトルからして、自転車が出てくるので、冒頭からきっと盗まれるんだろうな
と思って、いつ盗まれるかいつ盗まれるかと気が気じゃなかったし。
この、父と子の冒険は、真剣そのものなんだけど、結構滑稽で
なんだか不思議で面白い。
急にくよくよしてもしょうがないって、高級レストラン入っちゃったりね。
子供がかなりいい味を出している。

そして、このオチも。予想は出来るけど、それまでの経緯を知ってる
だけに、かなり辛い。あぁ世の中って不条理だ。
宗教の説法とかに使えそうだ。
[PR]
by unza-rie | 2004-10-15 04:40 | 自転車泥棒

スィングガールズ

音楽もの、バンドものには無条件でヨワイ。
青春ものにはありがちな展開と結末で
取り立てて言うほどのものではないと思ったが、
それでも感動してしまうのだ。無条件降伏だ。
まあ、何も考えずに楽しく観れるし、
女子高校生がジャズをやるっていう事自体の面白さもあるし。
ここにも竹中さん出てるし。
方言がかわいいし。
なんか素直に見てしまいました。
[PR]
by unza-rie | 2004-10-14 04:45 | スウィングガールズ

 BIG FISH

ティム・バートン。
ファンタジックで、ノスタルジック。
客観的に見れば、今までのティム・バートンファンが
ちょっとがっかりしそうな感じかなと。
こういう世界観が好きだと言う事は充分に分かるのだが、
ちょっとセンチメンタル。
個人的には感情移入しやすい似た様な状況があったばかりなので
涙があふれる場面も何度かあった。
この映画を見て、大切な人にもう二度と会えない事を実感してしまった。
親の思ってる事なんて子供にはほとんど分からない。
子供の思ってる事を親が分からないと同じくらいに。
それでも構わない。だって大好きなのだ。
[PR]
by unza-rie | 2004-10-06 02:02 | BIG FISH


カテゴリ
以前の記事
ライフログ
最新のトラックバック
真木ようこ “ベロニカは..
from 真木ようこ “ベロニカは死ぬ..
日本の形 The Jap..
from 日本の形
ご近所ナビ ミリオン
from ご近所ナビ ミリオン
やっと見ました(見れまし..
from いつもツイてる!
東京暮色
from DVDジャンル別リアルタイム..
ニコラス・ケイジ、映画で..
from 世界のスター・芸能ニュースブログ
モンドグロッソ Mond..
from Donkey Punch B..
映画「デス・プルーフ ..
from 富久亭日乗
藤沢周平作品
from Photologue +
【2007-116】天然..
from ダディャーナザン!ナズェミデ..
フォロー中のブログ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧